アパート建築で節税

最近アパートの建設工事をよく見る、そう感じることはありませんか。
実はここ数年アパート建築の件数が増加しています。
リーマンショック後に建設数が減ったため、ここ最近になって景気の回復がすすんでいることも原因のひとつでしょう。
アパート建設が今注目されている理由は他にもあります。

アパートを建築する理由として増えているのが相続税対策です。
例えば市街地に土地を保有している場合、アパートを建築することで固定資産税や相続税が安くなります。
相続税が2015年1月から増税され、今まで相続税の対象にならなかった人も相続税が課せられるようになりました。
その結果相続税が他人事だと考えていた人も対策に乗り出しています。
土地を相続すると相続税が課せられ、売って現金化しても相続時には課税されます。

土地は空き地のままにしておいても税金の優遇はありません。
アパートの建築をすると土地は住宅用地として扱われて税金も安くなります。
さらにアパート建築で現金を減らしておくことで相続の対象になる財産を減らす効果も期待できます。
現金のままで相続するよりもアパートとして遺すほうが税金は節約可能。
収益が出せるアパートは財産としても魅力的です。
土地の有効活用は効果が大きな節税法です。
しかし、アパート建設にはリスクが付きもの。
簡単ではありません。
このページではアパートを建設するときに注意していただきたいことを紹介しています。
アパート建設を検討している人は参考にしてください。



【注目サイト】
収益が出せて財産としても魅力的なアパート建築の費用を見積もりできるサイトです > アパート建築 費用